ダイエットの効果について

MENU

ダイエットの効果について

逆立ちはダイエットに効果的な運動ですが、ダイエット効果以外にも様々なメリットがあります。

 

逆立ちという運動は、そもそもダイエットをしたい人のためのものではなく、健康法としてヨガにも活用されています。

 

ダイエット効果がなぜあるのかというと、血流が改善し、代謝が良くなることで脂肪燃焼を促進することができるからです。

 

逆立ちすることで血流が改善することによる効果は、頭痛や肩こり、冷え症を軽くするなとがあげられます。逆立ちの姿勢になることは、いつも通りの日々を過ごしているかぎりまずあり得ません。人間は誰でも母親の胎内で頭を下にして育っています。

 

体を逆さまにすることで無理をせずに血流を改善したり、内臓を正しい位置に移動させる効果があります。

 

整腸にも有効で便秘にもいいと言われているものです。いろいろな健康効果が、ダイエットにもメリットを与えることになります。

 

ランニングやジョギングのように血液が脳に届きやすくなるのは、逆立ちは頭の位置を心臓より低くするからです。効果的に頭をすっきりさせ、だからこそ脳に刺激を与えることができると言われているようです。

 

軽い慢性頭痛が逆立ちで、良くなったという人もいるそうです。逆立ちで全身の血の巡りがよくなることは、ダイエットにも健康にも美容にもいいことづくめです。

ダイエット運動

腹筋運動は誰でも簡単にできる運動なので忙しい方にもおすすめのダイエット方法です。たて、よこ、斜めの腹筋を鍛えることで、お腹を的確に鍛えることが可能です。横側から腹筋を鍛えるのに、ぴったりの腹筋運動があります。この方法は、横の腹筋に負荷をかけることによって、

 

太ももを始めとして下半身も引き締めます。基本的にはダンベルでの運動ですが、500mlの水入りペットボトルでも代用可能です。

 

キュッと引き締まったウエストになるためには、腹筋を強化するダイエットが適しています。自宅で簡単にできるので場所を選びません。運動方法は、

 

ダンベルを両手にもって肩幅に足を開きます。両手は肩の高さに伸ばします。腰が反ったり後ろに落ちないようにするのがポイントです。

 

ダンベルを持っている右手を左足にくっつけるつもりで、体を左側に傾けます。

 

体が触れなければ触れないでいいので、膝は曲げずに体を動かします。左右交互に体を傾け、それぞれ15回ずつやると1セットです。ダンベルを持ってこの動きをすると、随分腹筋の運動になります。

 

遠心力でダンベルに引っ張られたりしないように、静かにダンベルを動かすのがコツです。

 

遠心力や反動を使うのではなく、静かにダンベルを動かして筋肉に負荷をかけます。毎日鏡で自分の体型をチェックしたり、食事にも気をつけながら腹筋ダイエット運動を続けましょう。